香川県丸亀市の弁護士・田岡直博と佐藤倫子の法律事務所です。

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県丸亀市の弁護士ブログ
お城の見える窓から

新規相談の受付を停止しています

【最初に表示されるように設定しています】

 おかげさまで,毎日多数のご依頼・ご相談のお問い合わせをいただいておりますが,対応できる余裕が全くございません。ご依頼をいただいている事件に優先的に対応するため,当面,新規相談の受付を全面的に停止させていただきます。なにとぞ,ご容赦ください。

 受付ができる状態になりましたら,あらためてブログにて告知させていただきます。お急ぎの方は弁護士会,法テラス,あるいは,他の法律事務所にお問い合わせくださいますようお願い致します。

(田岡)

| 2019.10.23 Wednesday|お知らせcomments(0)|-|

宮崎県弁護士会の公判前・責任能力研修を担当しました

 10月19日,宮崎県弁護士会の公判前整理手続と責任能力の研修を担当しました。

 香川からは,“幡浜〜臼杵のフェリーを利用するルート,∧_空港〜宮崎空港の飛行機を利用するルート,新八代〜宮崎のバスを利用するルートがありますが,どれも不便です。

 今回はを選択した上で,バスではなくレンタカーを借りました。途中の人吉やえびの高原に寄り道し,韓国岳にも登りました。

 研修は合計4時間(2時間×2コマ)と長丁場でしたが,多くの会員にご参加いただき,充実した研修になりました。 

 これで,47都道府県の全てに足を踏み入れたことになります。今後は52ある弁護士会の全てで研修を担当することを目標に更に研鑽を積みたいと思います。

霧島連山

(田岡)

| 2019.10.23 Wednesday|日々の出来事comments(0)|-|

「被告人の取調べの録音録画記録媒体の証拠利用の可否」(判例時報2416号)

 判例時報に「被告人の取調べの録音録画記録媒体の証拠利用の可否」を寄稿しました。

 これは,「録音・録画記録媒体の証拠としての許容性・範囲に関する多角的検討」という特集のために依頼されて執筆したもので,裁判官,検察官,学者と並んで,弁護人の立場から,録音録画記録媒体の許容性及び必要性を論じたものです。

 私の原稿は,非常に短いものですが,被疑者段階の黙秘権告知の在り方,刑訴法322条の「承認」の要件の解釈,録画映像部分と録音音声部分の可分性など,いくつかの新しい論点を提起しています。

被告人の取調べの録音録画記録媒体の証拠利用の可否

(田岡)

| 2019.10.12 Saturday|日々の出来事comments(0)|-|

神山啓史『五・七・五で伝える刑事弁護−−その原点と伝承』

 神山啓史先生から,『五・七・五で伝える刑事弁護−−その原点と伝承』をいただきました。

 神山先生は,私の師匠です。刑事事件の中でも,「私は犯人ではない」と主張するえん罪事件を専門的に取り扱っています。東京電力女性社員殺害事件,足利事件など数々のえん罪事件で,再審無罪判決を獲得しておられます。

 今回,私は「イラスト」が採用されました。原稿はあちこちに寄稿してきましたが,「イラスト」は初めてです。お恥ずかしい限りです。神山先生の教えを胸に,今後も刑事事件に取り組みたいと思います。

神山啓史・五・七・五で伝える刑事弁護その原点と伝承

(田岡)

| 2019.10.12 Saturday|著作・メディアcomments(0)|-|

季刊刑事弁護100号が届きました

 季刊刑事弁護の100号記念号が届きました。無罪のびろーん(無罪判決が出たときに弁護士が掲げるもの)が付いています。

 私は,季刊刑事弁護の編集委員として,録音録画記録媒体,責任能力(2回),正当防衛という企画を担当しました。短い期間ではありましたが,すぐれた弁護士・実務家との議論を通じて企画を作り上げていく面白さと大変さを感じました。

 創刊(1995年)から四半世紀が経ち,刑事弁護を取り巻く状況は大きく変化しました。私は創刊当時は高校生!でしたが,既に弁護士19年目,「中堅」と呼ばれる年齢になりました。新しい時代の刑事弁護をを担うとともに,これからの時代の刑事弁護を担うであろう若手の育成に取り組みたいと思います。これからも,よろしくお願い致します。

季刊刑事弁護100号

(田岡)

| 2019.10.05 Saturday|著作・メディアcomments(0)|-|

外国人のための交通安全教室

 善通寺ロータリークラブと交通安全を考える会の主催で,外国人のための交通安全教室を開催しました。

 技能実習生をはじめとする外国人が増えています。交通安全のルールを知ってもらうことにより,交通事故の加害者になることも,被害者にもなることもないように,注意してしてもらおうという取り組みです。

外国人のための交通安全教室

(田岡)

| 2019.10.05 Saturday|日々の出来事comments(0)|-|

香川県公平委員会連合会に出席しました。

 香川県公平委員会連合会の第80回通常会に出席しました。

 三豊市は公平委員会を設置してまだ5年ですが,香川県は80年の歴史があるのだと驚きました。

 来年度から,非正規職員(臨時職員・非常勤職員)が「会計年度任用職員」になります。それに伴い,非正規職員をめぐる紛争が公平委員会に持ち込まれることが増える可能性があります。私たち公平委員会としても,これまで以上にその職責を果たしてまいりたいと思います。

(田岡)

| 2019.09.27 Friday|日々の出来事comments(0)|-|

法テラス北九州を訪問しました。

 9月20日〜21日,昨年まで私どもの事務所に在籍していた金丸有希弁護士を訪ねて,法テラス北九州法律事務所を訪問しました。

 法テラス北九州法律事務所は福岡県北九州市にあり,都市型の法テラス法律事務所です。法律扶助事件,国選弁護事件のほか,被害者支援や弁護士会の委員会活動に熱心に取り組んでいるようでした。私どもが養成した弁護士が全国各地に赴任し,私たちが知らない新しい世界に踏み出している姿を見るのは嬉しいことです。

 私も18年ほど前に福岡で1年間の実務修習を受けましたが,福岡県弁護士会は全国に先駆けて,当番弁護士,当番附添人制度を始めた先駆的な弁護士会です。北九州は福岡県弁護士会の中にあって,地域に密着した活動を展開しており,独自性を発揮しているように感じられました。金丸弁護士も,きっと地元の役に立ってくれるものと思います。

(田岡)

| 2019.09.26 Thursday|日々の出来事comments(0)|-|

大分県弁護士会の研修の講師を務めました

 大分県弁護士会の研修「公判前整理手続の弁護活動」の講師を務めました。

 裁判員制度施行10年を迎え,司法研究が発表されるなど,公判前整理手続の在り方が議論されています。また,刺激証拠や録音録画記録媒体の利用の在り方についても,活発に議論されています。

 今回は,事例をもとに,現在の議論状況と弁護活動の工夫の在り方を提案させていただきました。今後も,研修の在り方について,工夫を重ねたいと思います。

大分県弁護士会研修

(田岡)

| 2019.09.17 Tuesday|研修・講演comments(0)|-|

事務所の拡張工事が終わりました

 先日,このブログで「事務所の拡張工事中です」とお知らせしましたが,ようやく工事が終わり,6階が使える状態になりました。まだ,いくつかの絵画の配置が決まっていませんが,デンマーク家具の落ち着いた風合いとモダンな色使いの混じり合う素敵な空間になりました。先日はLGBTのトークイベントや交流会に使ってもらい,50人くらいがこの部屋に入りました。今後は,セミナーやミーティングなどのイベントに使っていきたいと思っています。もし家具に興味のある方画いらっしゃいましたら,お声がけください。

大手町ビル6階

(田岡)

| 2019.09.11 Wednesday|事務所の様子comments(0)|-|

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Category

Latest Entry

Comments

Archive

Mobile

qrcode

Links

田岡・佐藤法律事務所

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県弁護士会所属
弁護士 田岡直博・佐藤倫子・佐野美鶴

電話 0877-85-7742

FAX 0877-85-7743

香川県丸亀市大手町
香川県丸亀市大手町