香川県丸亀市の弁護士・田岡直博と佐藤倫子の法律事務所です。

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県丸亀市の弁護士ブログ
お城の見える窓から

新規の法律相談の受付を停止しています

【ブログの最初に表示されるように設定しています。】

 業務多忙のため,新規相談の受付を停止させていただいております

 事務所を開設して5年になります。おかげさまで多数のご依頼をいただくことができ,感謝の気持ちしかありません。できる限り多くのご依頼に応えたいと考えておりますが,お引き受けできる仕事の量には限界があります。なにとぞ,ご容赦ください。

 なお,ご紹介がある方,継続相談の方(市役所や社会福祉協議会の無料法律相談を含む。)は,例外とさせていただいております。受付時にその旨をお伝えください。

ザクロ

(田岡)

| 2017.12.08 Friday|お知らせcomments(0)|-|

日弁連女性副会長クオータ制が成立しました

 本日,日本弁護士連合会の臨時総会があり,現在13名である日弁連副会長の数を15名とし,増やした2名の副会長については女性会員から選出するとする会則改正及びこれに関連する議案(女性副会長クオータ制)が,賛成多数で可決されました。 

 弁護士に占める女性割合は18%程度です。なかなか増えません。日弁連ではまだ女性会長が実現していません。女性副会長の数も安定しません。2015年には,13人の日弁連副会長全員が男性でした。しかし,日弁連の活動や意思決定が偏った構成で行われることは,基本的人権を擁護し社会正義を実現することを使命とする弁護士会にとって決してよいことではありません。

 男女共同参画をはじめとするダイバーシティの推進は,日弁連にとってとても重要な課題であり,日弁連男女共同参画推進本部事務局次長,理事者に占める女性割合を高めるための方策実現ワーキンググループの一員として微力ながら取り組ませていただいてきたものが形になり,大変うれしく感じています。

(佐藤)

| 2017.12.08 Friday|日々の出来事comments(0)|-|

なぜ被告人は本籍や住所を明らかにしなくてはならないのか(続)

 ブログを始めて4年以上になる。記事数は680件を超えたが,「なぜ被告人は本籍や住所を明らかにしなくてはならないのか」という記事がもっともアクセスが多い記事の一つである。それほど,被告人が法廷において本籍や住所を明らかにしなければならないことについて疑問を持つ人が多いということだろう。しかし,被害者の住所や氏名の秘匿についてはさまざまな配慮が払われているのに,被告人の本籍や住所が公表されることについて疑問を呈する有識者の意見は聴いたことがない。不思議なことである。罪を犯した(と疑われる)者はさらし者にされても仕方ないということだろうか。

 もちろん,罪を犯した者は,罪を償わねばならない。犯した罪に相応する処罰を受けるのは当然のことである。また,社会の関心事になるような重大事件については,背景事情を明らかにすることが必要な場合もあるだろう。しかし,問題は,そのために(無罪と推定される)被告人の本籍や住所まで明らかにする必要があるのか,ということである。「人違いでないことを確かめる」(刑事訴訟規則196条)ためであれば,運転免許証の提示を求めるなり,秘密のパスワードを尋ねるなり,他にいくらでも方法があるだろう。本籍(国籍)が明らかになれば,被告人が被差別部落出身者であるとか,在日コリアンであるなど出自が明かされ,偏見が助長される場合もあるだろうし,同居する家族が誹謗中傷や嫌がらせに苦しむこともある。事件の性質によっては,報復のおそれもないとはいえないのである。

 とはいうものの,丸亀支部の法廷には傍聴人がほとんどいないので,特に問題になることはなかったが,先日,ある刑事事件で,被告人の住所の秘匿が認められる経験をした。事案の詳細を明らかにすることはできないが,被告人が逮捕後に実家に住所を移転したところ,実家に住む家族が住所を明らかにされることによる誹謗中傷を懸念していた。そこで,裁判所に対して,住所を読み上げなくても「人違いでないことを確かめる」ことに支障はないのではないかと申し上げたところ,裁判所は,起訴状を被告人に示して「起訴状に記載されている住所に間違いない」と確認するという方法をとってくれた。被告人(の家族)は,傍聴人に住所を知られずに済んだわけである(被害者には,損害賠償命令の申立てのため記録の閲覧謄写が認められているから,支障はない。)。小さなことではあるが,ちょっとした配慮の積み重ねによって,実務が改善されてゆくことを感じたしだいである。

 

(田岡)

 

 

 

 

 

 

 

 

(田岡)

| 2017.11.28 Tuesday|コラムcomments(0)|-|

「来たれ,リーガル女子!」に登壇しました

 昨日は大阪大学で、内閣府、日弁連、近弁連、大阪弁護士会,女性法律家協会、大阪大学主催の女子中高生対象シンポジウム「来たれ,リーガル女子!〜女性の裁判官・検察官・弁護士の仕事と働き方ってどんなんかな〜」に参加しました。

 まだまだ少ない女性法曹を増やすべく,多くの女子学生に法曹の仕事を知ってもらおうというこのイベント,昨年の早稲田大学に続き,今年は大阪大学で開催しました。私は,去年に引き続き、第2部のパネルディスカッションに、裁判官、検察官とともに登壇させていただきました。

 また、今年はグループセッションも担当させていただき、10数名の女子中高生と直接の対話もできました。

 近弁連の先生方のご尽力で、中高生120人、保護者教員等一般102名、合計222名ものご参加(関係者スタッフ除く)がありました。あまりに盛況で、パネルディスカッションに登壇して会場を見回したときには,思わず鳥肌がたってしまいました。

 基調講演では、国連女性差別撤廃委員会委員(同元会長)の林陽子先生が、女性法曹の歴史、国際的な状況、国連での活動、女性が法曹になる意義などについて、クイズを交えながらとても分かりやすくお話くださいました。引用された、女性初の裁判官だった三淵嘉子さんの言葉には、思わず涙が出てしまいました。

 グループセッションでは、中高生の皆さんが、進学、勉強の仕方、大学の様子、弁護士の年収(!)、死刑存廃論などなど、とても積極的に沢山の質問をしてくださり、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

 今年は本格的な模擬裁判も加わり、素晴らしいイベントでした。

 このイベントをきっかけに,一人でも多くの中高生が「法律家もいいな」と思ってくれたらとてもうれしいです。

(佐藤)

| 2017.11.24 Friday|研修・講演comments(0)|-|

保育園で憲法のお話をしました

  11月17日,高松市内の私立保育園で,保育園の主要職員の方を対象に,日本国憲法のお話をさせていただきました。お仕事が終わった後のお疲れのところにもかかわらず,憲法なんて学校の公民以来…と苦笑しながらも,皆さん本当に熱心に,ノートにメモを取りながら,真剣に耳を傾けてくださいました。
 私の講義が終わった後の質疑応答や意見交換も大変盛り上がり,終了予定時刻を何と1時間もオーバー。警備会社の警備員さんが心配して臨場しちゃうほどでした。
 立憲主義や国民主権,平和主義,個人の尊重,基本的人権など,憲法自体のお話はもちろんですが,集団的自衛権とは何か,政治や司法における女性参画の現状と改善の必要性,GGGI,アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見),先生方のご経験に基づく病児・障がい児の教育を受ける権利についてのお話など,本当に幅広い話題に花が咲きました。
 憲法や政治が,市民ひとりひとりにとって実はとても身近で大切なものであることを,少しでも感じていただけたらうれしいです。

(佐藤)

 

 

| 2017.11.24 Friday|研修・講演comments(0)|-|

五色台の紅葉(白峯寺)

 白峯寺の方は,紅葉が見頃です。観光客に混じって,お遍路さんの姿も見られました。

 おはぎのお接待をいただきました。

白峯寺

白峯寺

白峯寺

(田岡)

| 2017.11.24 Friday|-|comments(0)|-|

五色台の紅葉(根香寺)

 勤労感謝の日くらいは休まなければと思い,五色台に行ってきました。

 紅葉は見頃を過ぎていましたが,根香寺の厳かな雰囲気と調和しており見事でした。 

根香寺

根香寺

根香寺

(田岡)

| 2017.11.24 Friday|日々の出来事comments(0)|-|

市民会館の解体工事が進行中です(2)

 今日も,市民会館の解体工事が進められています。
 もう舞台袖まで,なくなってしまいました。
 おかげで,讃岐富士を見通すことができます。

市民会館

(田岡)

| 2017.11.22 Wednesday|日々の出来事comments(0)|-|

トム先生から,絵をいただきました。

 トム先生から,絵をいただきました。タイトルは,"The Leap"です。

 額装して,海側の相談室に飾らせていただきました。

 雰囲気が,ぐっと落ち着いた感じになりました。

相談室

The Leap

(田岡)

| 2017.11.17 Friday|事務所の様子comments(0)|-|

岡山弁護士会の法廷技術研修の講師を務めました

 11月13,14日に開催された岡山弁護士会の法廷技術研修の講師を務めました。
 岡山弁護士会の研修の講師を務めるのは,昨年に引き続き2年連続となります。

 昨年にも増して熱心な受講生が多く,私も勉強になりました。

(田岡)

| 2017.11.16 Thursday|研修・講演comments(0)|-|

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Category

Latest Entry

Comments

Archive

Mobile

qrcode

Links

田岡・佐藤法律事務所

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県弁護士会所属
弁護士 田岡直博・佐藤倫子・佐野美鶴

電話 0877-85-7742

FAX 0877-85-7743

香川県丸亀市大手町
香川県丸亀市大手町