香川県丸亀市の弁護士・田岡直博と佐藤倫子の法律事務所です。

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県丸亀市の弁護士ブログ
お城の見える窓から

<< 原和良『弁護士研修ノート』 | main | 行政書士は法律行為の代理はできません >>

鈴木仁志『民法改正の真実』

 民法(債権法)改正の議論が始まった10数年前に京都大学で山本敬三先生,潮見佳男に教えを受けましたので,民法(債権法)改正の動きはごく自然なこととして受けとめていました(民法改正については,内田貴『民法改正』大村敦志『民法改正を考える』が手軽に読めます。)。

 しかし、実際に改正作業が始まってみると、そのプロセスの不透明さや、改正作業が学者中心に進められていることに不満が噴出し、実務家からは反対あるいは拙速との意見が表明されています(学者の立場からの意見ですが、加藤雅信『民法(債権法)改正』は問題点がよく分かります。)。

 一般論として、百年も経てばいろいろと不具合が生じるのは当然ですので、改正自体は必要ではないかと思いますが、いまは全面改正に賛成か反対かで意見が対立しており、なかなか個別のイシューの議論にならず、憲法改正と同じような状況にあるように思われます(債務不履行の免責事由などは,無理に新しい言葉を使わなくてもよいのではないかと私も思います。)。
 
 鈴木先生のご意見は,私から見ればやや極端であり,もはやイデオロギー対立の次元を超えて,内田貴先生に対する個人攻撃になってしまっているようにも見受けられますが(とくに平井宣雄先生の論文を引用する必要までは,なかったのではないかと思われます。),反対の立場の意見を知る上では有益と思われました。

民法改正の真実

(田岡)
| 2013.04.11 Thursday|読書案内comments(0)|-|

コメント










Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Category

Latest Entry

Comments

Archive

Mobile

qrcode

Links

田岡・佐藤法律事務所

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県弁護士会所属
弁護士 田岡直博・佐藤倫子・佐野美鶴

電話 0877-85-7742

FAX 0877-85-7743

香川県丸亀市大手町
香川県丸亀市大手町