香川県丸亀市の弁護士・田岡直博と佐藤倫子の法律事務所です。

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県丸亀市の弁護士ブログ
お城の見える窓から

<< 日弁連会長選挙結果に思う | main | すごい雪ですね >>

職員間の交際に介入するのは違法事件(福岡高判平成25年7月30日)

 福岡高判平成25年7月30日は,Y市の総務課長が「あいつ(原告)は危険人物だぞ。これまでのたくさんの女性を泣かせてきた。Y市のドン・ファンだ」などと言ったという事案につき,国家賠償法1条に基づき,Y市が原告に対し賠償責任を負うと判断された事例です(ただし,賠償額は33万円)。

 判時2201号69頁の表題は「市の課長が職員間の交際に介入する言動が,職員の私生活に対する不当な介入であって,国家賠償法上違法とされた」と説明されており,「交際に介入する言動」のみが違法とされたかのように読めます。他方,無記名解説では「パワーハラスメントを受けた」とされており,パワハラという評価です。しかし,本文では「誹謗中傷」「名誉毀損」「人格権侵害」という表現が用いられており,こちらの方がしっくりきます。単に「交際に介入した」というよりは,その発言内容が「誹謗中傷」「名誉毀損」「人格権侵害」であるからこそ,国家賠償法上の責任が認められたとみるべきでしょう。

 不思議なのは,なぜY市を被告にしたのかという点です。総務課長を被告にすることも可能であったと思われるのに,Y市だけを被告にした理由は,解説を読んでもよく分かりません。しかし,本文を読むと,原告は「総務課の不法行為」を問題にしており,その中で,総務課が故意に公務災害の申請を妨害しようとしたと主張していたことが伺われます。ここからは推測になりますが,原告はうつ病の発症が「公務上の災害」であると主張するために,総務課長の言動がY市総務課長の職務執行につきなされたことを主張する必要があったのかもしれません。


(田岡)
| 2014.02.07 Friday|判例紹介comments(0)|-|

コメント










Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Category

Latest Entry

Comments

Archive

Mobile

qrcode

Links

田岡・佐藤法律事務所

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県弁護士会所属
弁護士 田岡直博・佐藤倫子・佐野美鶴

電話 0877-85-7742

FAX 0877-85-7743

香川県丸亀市大手町
香川県丸亀市大手町