香川県丸亀市の弁護士・田岡直博と佐藤倫子の法律事務所です。

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県丸亀市の弁護士ブログ
お城の見える窓から

<< 春期学会シーズンですね | main | NITA法廷弁護研修プログラム体験セミナー >>

東京弁護士会春秋会『実践 訴訟戦術―弁護士はみんな悩んでいる』

 研修を担当していると,内容は間違ってはいないが,どこかピントがずれている,という起案をときどき見かけます。分量が多すぎたり,メリハリがなかったり,書面の書き方に違和感があったり。これらの例は,ロースクールを出てひととおりの「知識」は備わっているのだけれど,「経験」が不足していることを示しているのでしょう。

 訴状の「書きぶり」や,法廷での「立ち振る舞い」,依頼者との「距離の取り方」といった言語化しづらい(しかし,実務をやっていく上では不可欠な)経験知(ノウハウ)は,かつては実務修習や最初に就職した事務所のボス弁から自然と学ぶものでしたが,いまは新人弁護士が増えたために指導弁護士の側にも余裕がなくなってきているようです。

 かくいう私も,果たして自分のスタイルが弁護士として標準的なものかと言われれば,自信はありません。研修を担当していると,たくさんの起案に目を通しますので,ある程度のバランス感覚は身につけているつもりですが,それでも,ときどき他の弁護士や書記官・裁判官から指摘されて,恥ずかしい思いをすることがあります。その意味では,自分の相対的な立ち位置を知ることができるというのは,大変ありがたいことです。

 本書は,「新人」「若手」「中堅」「ベテラン」による座談会形式となっています。発言者が匿名化されているがゆえに,活字にしづらいノウハウや本音が随所に見られ,本書を類例のないものにしています。例えば,証人テストの項目で,質問と答えが書かれた尋問事項を証人に渡し,正しい答えができるようになるまで徹底的にやる,などと発言されているのを見て,「おいおい,それじゃあ検察官と同じだよ!」と突っ込みを入れたり,しかし,実際にそうしている弁護士が少なくないことは事実だろうし,何も準備しない弁護士よりずっとましか,と考えてみたり。存分に楽しめます。

 いずれにしても,本書に登場する「新人」「若手」「中堅」「ベテラン」は,立場は違えど,優れた弁護士であることが伝わって来ます。そして,それらの発言を全体として読むことで,弁護士にもさまざまなスタイルがあり,各自が独自のノウハウを持っていることが,深みをもって理解できる仕組みになっています。おそらく座談会の内容は,単にテープ起こしをしただけではなく,相当編集が行われているのでしょう。

 これで,2300円は安いです。ぜひ,これから実務に出る新人弁護士や司法修習生にお勧めしたいです(なお,私は著者及び出版社とは何の利害関係もありませんので,念のため。)。

 なお,本書と類似した企画として,かつて二弁フロンティアに連載された「裁判官アンケート 東京地裁民事部裁判官109名から聞きました」があります(二弁フロンティア2003年11月号〜2004年4月号。後に2004年別冊に所収)。おそらく,「クイズ100人に聞きました」をもじったのしょうが,裁判官の本音を知ることができて,非常に面白いです。こちらも,一読を勧めます。
 
 訴訟戦術

(田岡)
| 2014.05.19 Monday|読書案内comments(0)|-|

コメント










Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Category

Latest Entry

Comments

Archive

Mobile

qrcode

Links

田岡・佐藤法律事務所

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県弁護士会所属
弁護士 田岡直博・佐藤倫子・佐野美鶴

電話 0877-85-7742

FAX 0877-85-7743

香川県丸亀市大手町
香川県丸亀市大手町