香川県丸亀市の弁護士・田岡直博と佐藤倫子の法律事務所です。

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県丸亀市の弁護士ブログ
お城の見える窓から

<< 模様替え | main | お盆休みのお知らせ >>

供述調書は,供述を録取した書面ではない

 警察官は,被疑者や証人の取調べを行ったときは,供述調書(供述録取書)を作成しなければならない。このことは,警察官が守るべき心構えを定めた犯罪捜査規範166〜182条に明記されている。しかし,現実には,供述調書は被疑者等の供述をそのまま録取した書面ではない。その実態は,警察官が被疑者等の話をまとめた報告書である。

 なぜ,報告書なのか。それは上司の決済を受けなければならないからである。警察官は取調べを行うと供述調書を作成して検察官に送致する。検察官はあらかじめ供述調書を読み込み,予断をもって取調べを行い,更に要約した供述調書を作成する。そして,上司の決済に回すのである。そのとき,余計な情報が入っていたり,冗長な文章では決済に時間がかかりすぎる。決済官は忙しいのである。そのため,決済に必要な情報だけを取捨選択し,手際よくまとめた供述調書が求められる。

 私は弁護人として刑事事件に関わることが多いので,私自身が取調べを受けたり,取調べに同行した経験は多くはない。しかし,その少ない経験の限りで言えば,供述をそのまま録取してもらえたと感じたことは一度もない。

 例えば,こんな経験がある。親族の成年後見人が本人の財産を使い込んだために解任され,私が後任の成年後見人に選任された。しばらくして,警察から私の供述調書を作成したいという連絡があった。担当の警察官は,よく知った人であった。私が警察署に出向くと,警察官は部屋に入ってくるなり「もう作っておきました。」と言って,供述調書を差し出して来た。私はまだ何も「供述」していないのに,供述調書の末尾には「供述を録取した」ことに間違いないと書かれていた。まったく悪い冗談である。

 この話をすると,それは警察だからだろう,検察庁はもっとしっかりやってるよ,と言う人がいる。しかし,本当にそうだろうか。先日,こんなこともあった。私は被害者の代理人として,検察庁に同行した。被害者の供述調書を作成するためだ。検察官は,私をいったん部屋から退席させた。私が廊下で待っていると,被害者が出て来て,こう言った。「私は法律どおり処分してくださいと言ったのですが,寛大な処分をお願いします,と書かれてしまいました。」検察官は,この事件をよほど不起訴にしたかったのだろう。

 たしかに,この検察官は副検事だった(副検事は,司法試験に合格した法曹ではない。)。しかし,警察官や副検事は供述を録取しないのに,正検事は供述を録取した書面を作っている,とどうして言えるのか。弁護人として活動していると,被疑者等からしばしば次のような訴えを聞く。「供述調書は,被疑者の言い分をそのまま書く書面じゃない。検察官が作る書面だ。だから,検察官が最後に署名するのだ。」実際のところ,これが検察官の本音であると思うし,供述調書の実態をよく表していると思う。

 私は,だから警察官や検察官がよくないと批判するつもりはない。決済制度がある限り,書面で報告しないといけないう事情は分かるからだ。しかし,実態が担当者の報告書なのであれば,供述調書(供述録取書)というネーミングはもうやめたらどうか。このネーミングだと,まるで供述をそのまま録取したかのような印象を与える。とくに取調べの実情に疎い裁判官や裁判員が,うっかり誤解するといけない。

 この度,法制審議会が,取調の録音録画(可視化)を法制化することを決めた。対象事件が裁判員裁判対象事件に限られており,はなはだ不十分ではあるが,可視化を求めてきた日弁連の立場からすれば一歩前進であることは間違いない。可視化の範囲が広がれば,少なくとも供述した内容と異なる供述調書が作成されることはなくなるだろうし,供述調書の内容が正しい場合であっても,録音録画に比べれば正確性が劣ることは明らかであるから,自ずから供述調書の重要性は低くなってゆくだろう。

(田岡)
| 2014.07.25 Friday|コラムcomments(0)|-|

コメント










Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Category

Latest Entry

Comments

Archive

Mobile

qrcode

Links

田岡・佐藤法律事務所

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県弁護士会所属
弁護士 田岡直博・佐藤倫子・佐野美鶴

電話 0877-85-7742

FAX 0877-85-7743

香川県丸亀市大手町
香川県丸亀市大手町