香川県丸亀市の弁護士・田岡直博と佐藤倫子の法律事務所です。

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県丸亀市の弁護士ブログ
お城の見える窓から

三豊市パートナーシップ宣誓制度記念イベント「様々な家族について考える」

 昨年2月、同性間で結婚できないことは憲法に反するとして、全国の13組の同性カップルが、国に対して訴訟を提起しました。

 香川県三豊市在住の男性カップル、田中昭全さんと川田有希さんもまた、この訴訟の原告となることを決め(訴訟提起の前提として)三豊市役所に婚姻届を提出しました。

 この婚姻届は、当然ながら受理されませんでしたが、この二人の婚姻届提出がきっかけとなり、三豊市は本年1月、四国で初めて、パートナーシップ宣誓制度を開始しました。

 そこで、私たちは、当事者の声を聞きパートナーシップ宣誓制度を実現した三豊市長にもご登壇いただき「三豊市パートナーシップ宣誓制度記念イベント『様々な家族について考える』」を実施します。

 入場無料、予約不要です!是非ご参加ください!

 日時:2020年2月29日(土)13時00分開場、13時30分開始、16時30分終了予定

 料金:入場無料

 場所:三豊市文化会館マリンウェーブ

 お問い合わせ:0877-85-7742(佐藤)

三豊市パートナーシップ宣誓を記念しての 映画上映&トークイベント。

 トークセッションでは、国に同性婚制度の実現を求める「結婚の自由をすべての人に」訴訟の原告でもある二組の同性カップルをゲストに迎え、様々な家族のあり様、LGBTと人権について考えます。

 三豊市長によるパートナーシップ宣誓制度についての講演。

 県内在住の映像監督である田中昭全の映像作品、同氏とその同性パートナーを撮影したドキュメンタリーを上映。

登壇者
山下昭史(三豊市長)
田中昭全・川田有希(香川在住同性カップル)
坂田麻智・Theresa Stieger(京都在住同性カップル)
三輪晃義弁護士(大阪弁護士会、一般社団法人Marriage For All Japan-結婚の自由をすべての人に 代表理事)
佐藤倫子弁護士(香川県弁護士会)

式次第
 ヽ場(13時〜)
◆ヽ会(13時30分)
 主催者あいさつ、映像上映説明(同上)
ぁ ̄覗「エソラ」「フユノイエ」「ある家族の肖像」(13時40分〜)
ァ〇伊市長スピーチ(14時40分〜)
Α 嵳諭垢焚搬欧砲弔い胴佑┐襦廛函璽セッション(15時10分〜)
А(腸顱16時20分)

後援 三豊市 / 三豊市教育委員会 / 四国新聞社 / 毎日新聞 高松支局 / 朝日新聞 高松総局 / 読売新聞 高松総局 / RNC西日本放送 / TSCテレビせとうち

※なお、新型コロナウイルスの影響は心配されますが、本イベントは感染者の出ていない地域での開催であること、飲食を提供したり物を共用するイベントでないこと等から、現時点では開催を予定しております。

 ただし、今後、三豊市内で感染者が発生した際には、イベントを中止とさせていただきます。その際には、イベントFacebookページ、本ブログ、Twitter(@sato__michiko)等で告知させていただきます。

 

様々な家族について考える(表)  様々な家族について考える(裏)

(佐藤)

| 2020.02.26 Wednesday|イベント案内comments(0)|-|

熊本の法廷弁護技術研修の講師を務めました

 2月1日,2日の二日間,熊本県弁護士会の法廷弁護技術研修の講師を務めました。熊本大学の法廷教室を利用させていただきました。

 今回は,正当防衛の成否が問題となる事件を素材にしました。受講生には,冒頭陳述,主尋問,反対尋問及び最終弁論を実演していただき,コメントさせていただきました。

(田岡)

| 2020.02.03 Monday|研修・講演comments(0)|-|

講演会「ACTチームと地域移行支援」

 来る2月22日に講演会『ACTチームと地域移行支援』を開催します。

 ACT(Assertive Community Treatment )は,精神障がい者が地域で生活するための専門職による支援のプログラムのことです。全国各地に,ACTが立ち上げられています。

 香川でも,ACTを立ち上げようという動きがあり,2年前から準備会が開催されています。私も,この準備会に関わっています。弁護士がACTに関わることは珍しいようですが,精神障がい者の社会的入院や身体拘束は,人権に関わる問題だと思っています。

 この度,ACT-K(京都)から,金井浩一さんさんを招いて,講演会を開催することになりました。精神障がい者の地域移行支援やACTに関心のある方に,ぜひご参加いただきたいと思います。

 「対象」は看護師,医師,ソーシャルワーカーなどとなっていますが,弁護士ももちろん歓迎です。今年は,日弁連の人権擁護大会(鹿児島)でも,精神障がい者の地域移行支援がテーマになるようです。ぜひ,ご参加ください。

 日時 2020年2月22日(土) 13:30〜16:00

 場所 香川県障害者支援施設たまも園2F 地域交流センター 

    (香川県高松市田村町797番地)

 

ACT講演会(表面)

ACT講演会(裏面)

(田岡)

| 2020.01.29 Wednesday|イベント案内comments(0)|-|

平田実穂子弁護士が入所しました

 私たちの事務所では,本年1月から,平田実穂子(ひらたみほこ)弁護士を迎え入れることになりました。

 平田弁護士は香川県の出身であり,香川大学法学部,香川大学大学院を卒業後,司法試験に合格し,晴れて弁護士となりました。

 法律を使って,悩んでいる人を助けたい,困っている人の役に立ちたいという熱い志を持っています。また,それを支える高い能力を持っています。

 平田弁護士も,高上弁護士と同様に,1年後には法テラス(日本司法支援センター)の事務所に赴任する予定です。
 短い期間ではありますが,どうぞよろしくお願い致します。

(田岡)

| 2020.01.21 Tuesday|お知らせcomments(0)|-|

「検証刑事裁判(5) 防犯カメラ映像の画像鑑定の証拠評価の在り方」

 季刊刑事弁護101号に「検証刑事裁判(5) 防犯カメラ映像の画像鑑定の証拠評価の在り方」を寄稿しました。

 検証刑事裁判は,日弁連刑事調査室のメンバーが,持ち回りで執筆している連載です。

 今回は,防犯カメラ映像の画像鑑定が証拠となった二つの事例を素材に,画像鑑定の証拠評価の在り方を検討しました。二つの事件は,同じ自称「専門家」の画像鑑定が証拠となっており,第一審では有罪となりましたが,控訴審では破棄されました。

 これら二つの判決を通じて,画像鑑定の証拠価値の評価の在り方を検討するとともに,いわゆる科学的証拠の取り扱いに関して,議論を深めたいと考えております。

季刊刑事弁護101号

季刊刑事弁護101号
http://www.genjin.jp/book/b497474.html

(田岡)

| 2020.01.21 Tuesday|著作・メディアcomments(0)|-|

大阪弁護士会の研修「刑事精神鑑定の最先端を学ぶ」の講師を務めました

 大阪弁護士会の研修「刑事精神鑑定の最先端を学ぶーー8ステップ理論と機序」の講師を務めました。

 この研修は,責任能力判断の構造に関する「8ステップ」の提唱者である岡田幸之先生(東京医科歯科大学)をお招きして,ご講演を賜るとともに,それを踏まえて,弁護活動の在り方を検討するというものです。

 私は,岡田先生のご講演の後に,「8ステップ理論についてーー何が問題なのか(あるいは問題でないのか)」という演題で,お話をさせていただきました。また,岡田先生,増田啓祐判事(大阪地方裁判所)とともに,パネルディスカッションに参加しました。

 責任能力を争う弁護活動に関する一般的な研修のご依頼をいただくことは多いのですが,8ステップに絞って,精神科医と裁判官が参加した研修というのは初めてです。弁護人とは異なる立場から,それぞれの見方を語ることによって,8ステップの意義とその機能(更には,司法研究の問題点)が明らかになったのではないかと思います。私自身も,勉強になりました。

(田岡)

 

| 2020.01.17 Friday|研修・講演comments(0)|-|

高上賢治弁護士が法テラス佐賀法律事務所に赴任しました

 高上賢治弁護士が,2020年1月から法テラス佐賀法律事務所に赴任することになりました。

 高上弁護士は,法テラス(日本司法支援センター)の常勤弁護士として採用され,2019年1月から1年間の任期で,当事務所にて受け入れておりました。この1年間は当事務所のメンバーとして,刑事事件,債務整理事件を中心に多くの事件に取り組んでくれました。この度,1年間の実務経験を踏まえ,晴れて,法テラス佐賀に赴任することになりました。

 高上弁護士は社会人経験があり,安心できる雰囲気とバランス感覚に優れた判断力をあわせ持っています。また,困難な事件であっても,親身になって相談者の話を聞き,粘り強く事件の取り組むことができる能力を持っています。必ずや,佐賀の皆様のお役に立ってくれるものと信じております。私どもは,自信をもって,高上弁護士を送り出したいと思います。

 今年はまだ決まっておりませんが,今後,新しい弁護士を受け入れ,法テラスに送り出すことを計画しています。

 今後とも,田岡・佐藤法律事務所をよろしくお願い致します。

法テラス佐賀法律事務所

〒840-0801
佐賀市駅前中央1-4-8 太陽生命佐賀ビル3F

電話 050-3383-5512

https://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/saga/access/saga-la.html

(田岡)

| 2020.01.12 Sunday|お知らせcomments(0)|-|

山梨県弁護士会の公判前研修の講師を務めました

 山梨県弁護士会の研修「公判前整理手続における弁護活動」の講師を務めました。

 山梨県弁護士会にお招きいただくのは,昨年の「責任能力が問題となる事件の弁護活動」に引き続き,2年連続(3回目)です。少人数ながら出席者が多く,刑事弁護に熱心な弁護士会だと感じました。

 甲府は研修以外では訪れる機会がありませんでしたが,甲府盆地を取り囲む山並みが素晴らしく,遠くに見える富士山が見えたのが印象的でした。今度は時間があるときに,ゆっくり訪れたいと思います。

山梨県立美術館

(田岡)

| 2020.01.12 Sunday|研修・講演comments(0)|-|

2019年の相談・事件概況

2019年(平成31年,令和元年)の相談・事件の概況を整理しました。
田岡,佐藤,高上の3名の弁護士の数字です。

法律相談,国選弁護・破産管財事件等の新規受付は285人(社)でした。「新規」のみの人数です。2回目以降の受付は含んでいません。なお,事務所設立以来の6年9か月の累計は2339人になります。

相談内容の内訳は,刑事 58人,交通事故 50人,離婚男女 49人,債務整理 33人,相続遺言 32人,債権債務10人,不動産9人,労働6人,被害者6人,損害賠償(交通事故を除く)3,消費者2人,その他18などとなっています。

また,事件(依頼)の新規受任は192件(債務整理の関連訴訟を除く)でした。

事件種類の内訳は,民事81件,家事25件,刑事54件,債務整理32件でした。なお,民事の小分類は,交通事故 52件,自己破産 21件,離婚等 9件,不貞 7件,遺産分割 5件などとなっています。

他の法律事務所の相談・事件の概況は分かりませんが,
・ 相談・事件の受任はかなり多い。また,種類が多岐にわたっており,幅広く扱っている。
・ 依頼者は,個人が多い。交通事故,離婚,遺産分割などの生活に密着した事件が多い。
・ 特に交通事故と刑事事件の比率が高い(交通事故は,ほぼ全件を田岡が担当しています。)。
といった特徴があるように思われます。

事務所選びの参考にしてください(ただし,現在は新規受付を停止しています)

(田岡)

| 2020.01.12 Sunday|日々の出来事comments(0)|-|

1年をふりかえって

 今年も,たくさんのご相談をいただきました。簡単なことから深刻な問題まで,相談の内容はさまざまでした。また,ご相談者が置かれている立場も,ひとりひとり異なりました。私どもは,ご相談者とともに悩み,考え,解決に向けて,取り組んでまいりました。既に問題が解決し,新しい人生の再出発を始められた方もいらっしゃれば,いまも悩みを抱えて,解決の糸口が見出せない方もいらっしゃいます。

 弁護士の仕事は,必ずしも成果が出るとは限りません。上手くいくこともあれば,上手くいかないこともあります。むしろ,上手くいかず,もやもやと割り切れないことが残ることの方が多いかもしれません。世の中は不条理です。正義が勝つとは限りません。ときには,全く報われないこともあります。しかし,「ここまでやったのであれば,仕方がない」と思って,気持ちを切り替えて,新しい一歩を踏み出していただくきっかけになったのであれば,弁護士として,それに勝る喜びはありません。

 弁護士17年目になり,中堅と言われる年代になりましたが,毎日新しい気付き,発見があります。弁護士の仕事はオーダーメイドです。ルーティンワークはありません。勉強しなければならないことが山積みです。

 業務多忙のため,ご依頼にも十分に応えられませんでした。お問い合わせをいただいても,余裕がなく,お断りせざるを得ませんでした。来年は,更に力を付けて,ご期待に応えたいと思っています。

 どうぞ,来年も,田岡・佐藤法律事務所をよろしくお願い致します。

コスモス

(田岡)

| 2019.12.21 Saturday|日々の出来事comments(0)|-|

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Category

Latest Entry

Comments

Archive

Mobile

qrcode

Links

田岡・佐藤法律事務所

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県弁護士会所属
弁護士 田岡直博・佐藤倫子・佐野美鶴

電話 0877-85-7742

FAX 0877-85-7743

香川県丸亀市大手町
香川県丸亀市大手町