香川県丸亀市の弁護士・田岡直博と佐藤倫子の法律事務所です。

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県丸亀市の弁護士ブログ
お城の見える窓から

公判前整理手続キャラバンの講師を務めました

 裁判所は,公判前整理手続が「長期化」していることに危機感を募らせており,これを「迅速化」する(あるいは,適切かつ合理的な期間内に終える)ため,(1)打合せ期日(暫定的主張見通しの確認),(2)任意開示,(3)公判期日の仮予約などの対策を打ち出しています。

 更に,近年は,争点及び証拠の整理を当事者任せにするのではなく,裁判所が争点及び証拠の整理に積極的に関与(介入)する,という方向性を打ち出しています(もっとも,細かく整理しようとすると,かえって長期化するため,どこまで整理するかについては裁判所内でも議論があるようです。)。

 公判前整理手続を迅速に進めること自体は,直ちに被告人及び弁護人の不利益になるわけではありません。特に執行猶予が確実に見込まれる事案では,被告人に有利になることもあります。

 しかし,証拠開示を受けられていない段階で,予定主張を明示することを求められたり,公判準備が整っていない段階で,公判期日を仮予約されるようなことがあっては,困ります。そのような「拙速化」には,弁護人としては,反対しなければなりません。

 このような問題意識から,日弁連は,全国8ブロックで,公判前整理手続の実情のキャラバンを開催しています。私は,近畿ブロック(奈良)の研修の講師を務めました。

 もとより,当事者(遂行)主義のもとでは,争点及び証拠の整理は当事者(検察官及び弁護人)の責務です。弁護人が公判準備を遂げるには,必要かつ十分な証拠開示を受けて,ケースセオリーを確立すること必要です。

 「適切かつ合理的な期間内に終える」させることは確かに重要ですが,それには,必要かつ十分な証拠開示が前提になります。弁護人の立場からは,迅速な「証拠開示」こそが必要だというべきでしょう。

 この観点からは,証拠一覧表の記載内容に関し,(1)開示証拠と未開示証拠の区別ができない,(2)操作報告書の内容が表題から分からない,(3)紙媒体では管理しづらい(データを提供してもらいたい)などの問題に関し,運用の改善が必要と思われます。

(田岡)

| 2017.11.07 Tuesday|研修・講演comments(0)|-|

香川県弁護士会の研修の講師を務めました

 全国各地の研修の講師を務めていますが,地元香川で,研修の講師を務めるのは久しぶりです。
 今週,香川県弁護士会で,「責任能力が問題となる事件の弁護活動」の講師を務めました。

 来週には,菅野亮先生,坂根真也先生を招いて,尋問技術を学ぶ発展研修も企画しています。

(田岡)

| 2017.10.26 Thursday|研修・講演comments(0)|-|

静岡県弁護士会の研修の講師を務めました

 静岡県弁護士会主催の研修の講師を務めました。
 研修のテーマは,「責任能力が問題となる事件の弁護活動」です。講演と事例検討の二本立てでした。
 静岡は広いので,浜松,静岡,沼津と三つに分かれていますが,今回は沼津での開催でした。

 静岡は,弁護士鞠目に,無罪を争う事件のために通った思い出の土地です。
 結果的には有罪になりましたが,深夜の現場検証が採用されるなど,刑事弁護のやりがいを感じました。
 沼津ははじめて行きましたが,お魚が美味しく,大変良いところだと感じました。

沼津

(田岡)

| 2017.10.26 Thursday|研修・講演comments(0)|-|

愛知県弁護士会の研修の講師を務めました

 愛知県弁護士会の研修の講師を務めました。
 研修のテーマは,「責任能力が問題となる事件の弁護活動」です。

 100人以上の弁護士が参加しており, 関心の高さがうかがわれました。
 今年は,同じテーマで,香川県弁護士会のほか,静岡県弁護士会でも研修の講師を務めます。

(田岡)

| 2017.09.15 Friday|研修・講演comments(0)|-|

日弁連eラーニング「責任能力の基礎」の講師を務めました

 日弁連eラーニング「責任能力の基礎」の講師を務めました。
 責任能力や精神鑑定の基礎知識を,1時間程度で,コンパクトに解説しています。
 ただし,弁護士でないと,視聴できません。

 最近は,研修をパソコンで視聴できるようになりました。便利な時代になったものです。

(田岡)

| 2017.07.14 Friday|研修・講演comments(0)|-|

可視化経験交流集会に出席しました

 第2回可視化経験交流集会@高知に出席し,報告者及びパネリストを務めました。
 改正刑訴法により,取調べの可視化の対象範囲が拡大しましたが,他方で,録音録画記録媒体の実質証拠利用など,さまざまな問題が生じています。

 パネルディスカッションでは,笹倉香奈教授(甲南大学)に参加していただき,活発な議論が交わされました。

 写真は,高知出張のついでに立ち寄った久石山です。
 登山道が整備されており,歩きやすく,眺めがよい,本当にいい山です。

久石山1

久石山3

(田岡)

| 2017.06.20 Tuesday|研修・講演comments(0)|-|

法廷弁護技術研修の講師を務めました

 毎年恒例の法廷弁護技術研修の講師を務めました。
この研修は,法テラス及びひまわり基金法律事務所に赴任するため,養成中の弁護士を対象としたものです。
今年も全国各地から約50名の受講生と16名の講師が集まり,1泊2日で,夜遅くまで研修を行いました。

(田岡)

| 2017.04.23 Sunday|研修・講演comments(0)|-|

観音寺調停協会の勉強会の講師を務めました

 観音寺調停協会の勉強会の講師を務めさせていただきました。

 テーマは「養育費・婚姻費用の新しい簡易な算定方式・算定表(日弁連提言)の概要」と「代理人業務からみた家事調停手続き」についてとしました。

 前者は,2016年11月に日弁連が提言した新しい算定方式と,従来実務で用いられている算定方式の問題点についてお話をしました。

 後者は,日頃代理人として家事調停に携わっている立場から,調停委員は代理人や当事者の目からどのように写っているのかについて,よかった調停委員・よくなかった調停委員のエピソードを交えながら,率直にお話をさせていただきました。

 お陰様でご参加いただいた調停委員の方々からもご好評をいただきました。観音寺支部の調停制度が少しでも,より当事者の皆様に寄り添うものになるお手伝いができたとすれば,本当に光栄です。

 

(佐藤)

| 2017.04.19 Wednesday|研修・講演comments(0)|-|

東北弁連の研修の講師を務めました

 東北弁護士会連合会(東北弁連)の研修「責任能力が問題となる事件の弁護活動」の講師を務めました。
 年度末の休日にもかかわらず,東北各県から約80名の弁護士が集まっておられました。
 東北各県の運用についても伺うことができ,たいへん有意義でした。

 ただ,仙台までの往復出張がハードであったため,体調を崩してしまいました。
 幸い年度末は裁判の期日がありませんので,すこしお休みをいただきます。

水仙

(田岡)

| 2017.03.31 Friday|研修・講演comments(0)|-|

岡山の法廷弁護技術研修の講師を務めました。

 2月13日,14日の両日,岡山県弁護士会の法廷弁護技術研修の講師を務めました。
 岡山には何度も行ったことはありましたが,研修の講師を務めるのは初めてでした。

 今回は,正当防衛の成否が問題となる事件を素材にして,冒頭陳述,主尋問,反対尋問,最終弁論の実演と講評をおこないました。
 受講生は若手だけでなく,中堅,ベテランも参加しておられました。また,みなさん熱心で,たくさん質問をいただきました。

 岡山と香川は海を挟んだお向かいの弁護士会ですので,今後は交流を深め,お互いにスキルアップできたらと思いました。

(田岡)

| 2017.02.20 Monday|研修・講演comments(0)|-|

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Category

Latest Entry

Comments

Archive

Mobile

qrcode

Links

田岡・佐藤法律事務所

〒763-0034 香川県丸亀市大手町2丁目4番24号 大手町ビル7階

香川県弁護士会所属
弁護士 田岡直博・佐藤倫子・佐野美鶴

電話 0877-85-7742

FAX 0877-85-7743

香川県丸亀市大手町
香川県丸亀市大手町